未来は中小企業家がつくる

映画『未来シャッター』上映と
フューチャーセッション

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-15-20-30主役はあなた

〜映画と鑑賞後の対話から学ぼう〜

壁を越えることのできない者達が、地域の人と関わりながら、解決の糸口を探っていくストーリー。
それを、あなたの課題に置き換え、未来への対話を通して、新しい自分を発見します。

仕事づくり委員会としての開催意義

同友会関係者が参加してつくった映画として、同友会の考え方の延長にある映画としてお薦めしたい。

「自分の気づき、一歩勇気を出す、一歩が全てを変える」といったテーマから、新しいものに対して一歩踏み出す勇気は人も企業も一緒であることを学んでもらいたい。

また、「フューチャーセッション」の手法を学び、一歩踏み出す勇気を自社に持ち帰って、社員と共有していただきたい。

委員長 鵜野和廣

開催に当たって

  • 「フューチャーセッション」が映画よりもポイントになる。これからの会議のあり方として、問題を解決するために、一つの方法にこだわらず多様性を受け入れる手法を学んでもらいたい。
  • 場をつくることによる新しい発見、気づきを得てほしい。

仕事づくり委員

日時:2017年3月30日(木)14:00~19:00

会場:武蔵浦和アンテナショップ9階 多目的ホール
さいたま市南区別所7-20-1 TEL048-844-7215
JR武蔵浦和駅(埼京線×武蔵野線)西口より徒歩2分

参加費:2,000円 学生無料(学生証を持参下さい)

フューチャーセッションとは

Futuer(未来)を見据えた Session(グループ活動)のことです。

従来の組織にはとらわれず、様々な人達が持つ多様性を受け入れ、
いろいろな観点からの対話(論議でないことがポイント)を通して、
実現したい未来を共有(未来志向)します。
この「多様性」「対話」「未来志向」が
創意』となり(総意ではない?)

ひとりひとりが、自分の出来るこを見いだし、
共通する目標に向かっての行動を起こすこせば(協調アクション)、

社会に革新的な動きをもたらす(イノベーション)

のではないでしょうか?
例会等で行われているグループ討論とは違った切り口で、未来に向かった問題解決の手法として参考になるのではないかと思います。

文責:埼玉中小企業家同友会会員 矢澤敦臣

フューチャーセッション

参考書籍

本のタイトルからすると「何これ?」かもしれませんが、フューチャーセッションについて、わかりやすく解説されており、読みやすいです。

参加お申し込みフォーム

携帯電話(ガラケイ)からも登録できます。